So-net無料ブログ作成
うつ病奮闘記 ブログトップ
前の10件 | -

転職の時期 [うつ病奮闘記]

コンビニのバイトをして約1ヶ月が経ちました。
接客商売にも慣れ、楽しくさえ思えるようになってきました。
正直、コンビニの仕事ってそんなに大変じゃないと思っていましたが(特に住宅街のコンビニの為)、業務が多岐にわたるので覚えることがたくさんあり苦労しました。
ようやくどの業務もスムーズに行えるようになってきたと思います。

バイトをする事によって生活のリズムも作れるようになってきました。朝ちゃんと起きて昼間は仕事をするので夜も眠れるようになってきましたし。最近は睡眠薬に頼らずに眠るよう心がけています。

最近次の定職について考える事があります。
生活のリズムも作れたし仕事の感もだいぶ戻ってきたように思うからです。
バイトを始めた関係で最近はハローワークには行ってませんが、あいかわらず仕事は少ないんだろうなと思います。
でもこの1ヶ月バイトを続けてみてもう少し探す職業の幅を広げていけそうな気がしてきました。
バイトする前はなんか仕事をする事に自信がなかったのかも知れません。仕事に就く怖さから職業の幅を狭めていたような気がします。
今まで事務職ばかり探していましたが、製造業や接客業なんかも出来るのではないかと思うようになって来ました。

やはり半年ぐらいはバイトをしようとは思いますが、定職に就きたい思いも日に日に強く感じるようになってきています。
nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

久しぶりの更新です。 [うつ病奮闘記]

かれこれ4ヶ月くらいブログを放置してしまいました。(死んでませんよ~。)
特に理由があったわけではないですが、文章を書くのが億劫になったのかな。

この4ヶ月色々ありました。
実は1度就職しました。といっても実質1週間で辞めてしまったのですが・・・。
鉄道の駅員の仕事です。
最初は事務職の仕事を色々と探していたのですが、たまたま求人で駅員の仕事を見つけ「昔から好きだった鉄道だし時間が不規則でも出来るだろう」と思い応募しました。
鉄道の学校も出ているのですんなりと受かり、研修も比較的余裕でした。
しかし、実際に現場(駅)に出てからうつ病の症状(冷や汗、手の震え等)出てしまい初日で退職する決意をしました。
原因は色々あるのですが、まず人間関係でしょうか。上の人間(助役)が無口で冗談も言えないような感じでした。
確かに職場には緊張感が必要だと思いますが、ビクビクしながら仕事をすることに耐えられませんでした。
それと駅員の仕事は朝8時半から次の日の朝8時半までの24時間勤務です。その分休みは多くあるのですが、24時間張り詰めた緊張感の中にいることが苦痛でした。夜中ぐらいになると緊張感は増しうつ病の症状も酷くなりました。
さすがにその朝は妻に駅まで迎えに来てもらいました。(かなりヤバかったので)

退職後は少し自宅でゆっくりしてから就職活動を再開しました。
事務職の仕事をメインに探したのですが、やはり事務職は女性をとる傾向があるようで何件か面接まで行った所もあるのですが、書類選考で落とされることが多かったです。

そして妻とも話し合ってまずはアルバイトからでもいいじゃないかという結論に至りました。リハビリも込めて。
現在は近所のコンビニエンスストアで昼間バイトをしています。1週間ぐらいたちました。
最初こそ緊張しましたが段々慣れてきたように思います。このまま数ヶ月続けていけたらなと思います。
周りも良い人が多い職場なので今のところ大丈夫そうです。慣れない接客業務に奮闘中ですが。

うつ病の方は色々と落ち込む事もありましたが、自分では徐々に良くなっているように思います。
クスリはあまり前と変わっていません。寝る前は睡眠薬(マイスリー)を飲まないと寝付けないようです。
通院も2週間に1度通っています。
仕事をしたいという意欲も湧いてきました。なので不況ですが早めに定職には就きたいと思っております。

頻繁には更新できませんがまたブログを少しずつ書いていきたいと思います。
nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康

不眠症の事 [うつ病奮闘記]

以前から悩んでいた不眠症の事ですが、最近寝つきがだいぶ良くなりました。
ベットに入って30分ぐらいで寝付けるでしょうか。睡眠導入剤はマイスリー1錠だけ飲んで寝ています。
少し前は3~4時間寝付けないのは当たり前で、徹夜してしまう事もしばしば。そうすると昼間に眠くなってしまって寝てしまう。また夜眠れなくなるの繰り返しでした。
なんとかそれを治そうと努力しました。
まず寝る前に本(マンガ)を読まない。本とかマンガって寝る前に読むと目は疲れるかも知れないのですが、脳が覚醒してしまうんですよね。
それから睡眠導入剤を飲んだらすぐにベットに入る。マイスリーにしてもハルシオンにしてもネットで調べてみたら飲んで5分後ぐらいから効いてきて3時間ぐらいで効果が切れるようです。
そしてこれは医師からも言われたのですが、昼間頑張って起きている事です。これが1番辛い。どうしても家にいると昼寝したくなっちゃうんですよね。私は無職の身ですからそうそう外出も出来ないですし。
以上3点を改善した事により寝つきが良くなりました。ちなみに中途覚醒は前からあまりなかったです。

睡眠導入剤に関してですが、私はマイスリー、ハルシオン、アモバンの3種類を試しました。
アモバンは特に効果が無かったし、次の日に何を口にしても苦いという副作用に耐えられず1日で辞めました。
それからマイスリーとハルシオンを1錠ずつ飲むことにしました。そして現在はマイスリーだけにしています。

それとこれは個人差があると思うのですが、寝る前にパソコンをいじると脳が覚醒知るような事も聞きましたが、私に限っては特に問題は無いようです。
nice!(7)  コメント(14)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康

復職して約4ヶ月 [うつ病奮闘記]

このブログを始めたのと同じ時期に会社にも復職した。
ブログを始めた頃は、自分の経験を生かして同じような境遇の人の為に参考なればと思い始めたが、逆に励まされたりアドバイスを貰ったりばかりだったような気がします。
そして復職が成功していく様をレポートできればと思っていたが、結局私は今月一杯で会社を辞める事になった。なんだかな~と思う事もしばしばあるが、この先も主夫としての自分や退職してどのように現場復帰できるのかを記録として残していきたいと思います。
いつもコメントを残して頂く方、つたない文章やくだらない日記を読んでくださってありがとう御座います。
またどうでもいいような事を書いていきますが宜しくお願い致します。これからはくだらない事の方が多くなるかも知れません。(健康カテにいるのが申し訳ない時があります。)


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

復職して一ヶ月 [うつ病奮闘記]

正直に言うともう一度休職したい。
最近この病気が、いつ、どのように治るのか考えると漠然としてしまう。
仕事も週3日程度、午後3時間位会社にいるがほとんどネットなどを見て時間をつぶしている。
クスリの副作用で頭がボーっとして、応接室で寝かしてもらっていることもある。

この一ヶ月の間、一度営業会議に出席した。それから、どちらかというと思考がマイナス方向に沈んでいる。
物忘れもひどい。そのたびに落ち込む。

その旨を医者に伝えたらクスリの量が増えた。(副作用を抑えるクスリも含む)
今、夕食後7錠のクスリを飲み、寝る前に睡眠導入剤を飲んでいる。
そのクスリを手のひらに乗せて見つめた時、自分は重度の病気なんだと気づく。

しかし、復職したことに関してはもう少し様子を見てみたい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエット [うつ病奮闘記]

3ヶ月の休職中、体重が5kg増えてしまった。クスリの副作用があるかもしれないが、やはり会社に行って仕事をするという事は、体力的にも、精神的にもエネルギーを使っていたんだなと思った。
そんなこともあり、8月位からダイエットを始めた。
休職前からお腹周りも気になってはいたし・・・。
しかし、私はダイエットの知識など持ち合わせていなかったのでとりあえず、腕立て伏せ、腹筋、背筋を毎日することにした。
食事は前からお昼はほとんど食べていなかったので、そんなに変えることはなかった。多少夕飯を魚中心の生活にしたが。

最初は自己流でやっていたが、正しい腹筋のしかたや腕立て伏せのしかたを、テレビや本で多少学びそれも取り入れるようにした。

最初はホント辛かった。腕立て伏せなんか10回やるのがやっと。腹筋は20回位が精一杯。
高校を卒業して以来これと言って続けていたスポーツも無かったし、体力の無さを思い知った。

それでもなんとか少しでも毎日続けた。
2週間位すると筋トレを1日一回はやらなくてはいられなくなってきた。回数も少しずつ増やせるようになってきた。
しかし体重はそれ程変わらなかったが。

1ヶ月ぐらいして風呂上りにふと鏡を見た時、自分の体の変化にきずいた。
比較的私はなで肩だったのだが、肩が少しもりっとしたような感じになっていた。
「オーッ」
体に変化が現れるとやる気も倍増。もうダイエットというより、形の良い体を作ろうに変わっていった。
プロテインなんかも買ってみた。

復職して現在、体重は2kg位しか減っていないが、アバラの下位いがくびれてきた。
今も頑張っています。どうにか腹筋が割れるぐらいまでいきたい。

余談ですが、ビ○ーザ○ートキャ○プも最初やってみたが、2日で挫折した。
ちゃんと続ければホントいい体になると思うが、基礎体力が無かった私にはきつすぎた。
3日目に激しい筋肉痛で続けられる状態ではなかった。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

書籍 [うつ病奮闘記]

うつ病を克服する為の本は書店に行くと何冊も売っている。著名な精神科医の方が執筆されている。私も2冊程読んだが申し訳ないが私にとって全く役にたたなかった。
とどのつまり、「いい加減に物事を考えろ」とか「もっと気楽に考えろ」なのである。
そんな事周りからも言われるし、自分でも解っている。
「そのような考え方に持っていくにはどうすれば良いのか?」という事が知りたいのである。
でもそう言う事を文字で表現するのは難しいのだと思います。

うつ病の人は真面目な人や几帳面な人が多いと言われます。(ホントかどうか解りませんが)そのような人が、いい加減に仕事に取り組んだり、気楽に物事を考える事なんて出来ません。
結局、クスリやカウンセリング等で長いスパンで治療していくしかないのですね。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

自己分析(うつ病になる要素) [うつ病奮闘記]

よくうつ病になる人は、まじめな人が多いとか、人が良い人がなりやすいとか言われています。
私もよく「まじめだ」とか「やさしい人だ」と言われます。自分で言うのもなんですが、自分でもそう思います。
でも自分がそのように振舞ってしまうのは、争い事や人間関係の悪化を避ける為であり、本当のまじめさややさしさではないように思います。社会の中でで生きて行くとき(特に仕事)人に嫌われるような事も言わなければならない時もあれば、口論してでも人を納得させなければいけない時があります。
しかし私は全ての人に良い顔をして生きてきました。そういう事を避けて今まで生きてきました。その代償は大きいです。特に仕事では全ての人に良い顔をしていれば自分の仕事がパニクってくるのは当然だし、ストレスも溜まってきます。そのような要因が今回うつ病になったきっかけではないかと考えています。

さてこれからそんな自分を変えられるかと言ったら、自分には自身がありません。多分無理でしょう。
クスリによって気分が落ち着いたり、多少物事に対する向上心が出てくる事もありました。休職したことにより、生きている中でリセットすることも出来ました。
でも長いスパンで見ていったら、これから自分はどのように生きていって良いのか解りません。
今はとりあえず目先の楽しいことを考えながら生きているが、答えが出るのはまだ先のようです。

特に私は人間関係とかではなく仕事自体が嫌になってうつ病になった部分もあるので今の仕事をどうしていくかも考えなくてはなりません。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

クスリの副作用 [うつ病奮闘記]

うつ病で処方されるクスリは、大体眠くなったり、体がだるくなる事が多いと思います。まぁそのへんはしょうがないですね。それと、朝起きるのが前に比べて辛くなりました。朝、奥さんが外出するのも気づかない時も多々ありました。仕事にも支障が出てきますから、会社に理解して貰うのも大切だと思います。私は眠くなった時は、応接室で寝てました。

上記に書いたことは一般的な副作用だと思います。
しかし、私が飲んでいたクスリの中で特殊な副作用が出たものがありました。
トレドミンという気分を少し盛り上げるクスリです。
変な話しですが、オシッコが出なくなるんです。オシッコはしたいのに、尿道から出てこない。10〜20分位便器の前に立ってやっと出るような事が続きました。前から公衆トイレなどで、後ろに並ばれたりするとプレッシャーで、出なくなってしまう事が度々あったので、最初はクスリの副作用だと思わなかったのですが、医者に相談したら、それはクスリの副作用だと言われクスリを替えてもらいました。そのクスリは精子も出なくなってしまう事もあるそうです。
クスリも人によって合うものと合わないものがあるみたいなので、何か体に異常があったら医者に相談した方がいいですね。
やはりうつ病のクスリは特殊ですから。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

復職して現在 [うつ病奮闘記]

10月中旬にとりあえず復職しました。ペースとしては、週に4日会社及び現場に出ています。1日のタイムスケジュールとしては、午後1時位に会社に着いて3時間程度会社にいて帰宅しています。会社にいる間は、ネットを見たり雑誌を読んだり、実質仕事はしていません。とりあえず通勤と会社の雰囲気に慣れることにしています。それと土曜日に現場に出ています。それは上司が配慮してくれたそんなに負担の掛からない現場です。そんな感じで一週間をサイクルしています。

電車に乗ることは休職中も乗っていたので、そんなに苦ではありませでしたが、出勤初日にスーツに袖を通す事に抵抗感がありました。やはり「仕事に行くぞ」というプレッシャーだったのかもしれません。

会社内では正直、辛い時もあります。周りはやっぱり一生懸命仕事してますからね〜。いたたまれない気持ちになります。社長からは「周りはお前の事理解してるから」と言ってくれましたが、申し訳ない気持ちになることな事実です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | - うつ病奮闘記 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。